6-2. Qulacs を用いた variational quantum eigensolver (VQE) の実装

この節では、OpenFermion・PySCF を用いて求めた量子化学ハミルトニアンについて、Qulacs を用いてシミュレータ上で variational quantum eigensolver (VQE) を実行し、基底状態を探索する例を示す。

必要なもの

  • qulacs

  • openfermion

  • openfermion-psi4

  • pyscf

  • scipy

  • numpy

必要なパッケージのインストール・インポート

[1]:
import qulacs
from openfermion.transforms import get_fermion_operator, jordan_wigner
from openfermion.transforms import get_sparse_operator
from openfermion.hamiltonians import MolecularData
from openfermionpyscf import run_pyscf
from scipy.optimize import minimize
from pyscf import fci
import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt

ハミルトニアンを作る

前節と同様の手順で、ハミルトニアンを PySCF によって計算する。

[2]:
basis = "sto-3g"
multiplicity = 1
charge = 0
distance  = 0.977
geometry = [["H", [0,0,0]],["H", [0,0,distance]]]
description  = "tmp"
molecule = MolecularData(geometry, basis, multiplicity, charge, description)
molecule = run_pyscf(molecule,run_scf=1,run_fci=1)
n_qubit = molecule.n_qubits
n_electron = molecule.n_electrons
fermionic_hamiltonian = get_fermion_operator(molecule.get_molecular_hamiltonian())
jw_hamiltonian = jordan_wigner(fermionic_hamiltonian)

ハミルトニアンを qulacs ハミルトニアンに変換する

Qulacs では、ハミルトニアンのようなオブザーバブルは Observable クラスによって扱われる。OpenFermion のハミルトニアンを Qulacs の Observable に変換する関数 create_observable_from_openfermion_text が用意されているので、これを使えば良い。

[3]:
from qulacs import Observable
from qulacs.observable import create_observable_from_openfermion_text
qulacs_hamiltonian = create_observable_from_openfermion_text(str(jw_hamiltonian))

ansatz を構成する

Qulacs 上で量子回路を構成する。ここでは、量子回路は超伝導量子ビットによる実験 (A. Kandala et. al., Hardware-efficient variational quantum eigensolver for small molecules and quantum magnets, Nature 549, 242–246) で用いられたものを模して作った。

[4]:
from qulacs import QuantumState, QuantumCircuit
from qulacs.gate import CZ, RY, RZ, merge

depth = n_qubit
[5]:
def he_ansatz_circuit(n_qubit, depth, theta_list):
    """he_ansatz_circuit
    Returns hardware efficient ansatz circuit.

    Args:
        n_qubit (:class:`int`):
            the number of qubit used (equivalent to the number of fermionic modes)
        depth (:class:`int`):
            depth of the circuit.
        theta_list (:class:`numpy.ndarray`):
            rotation angles.
    Returns:
        :class:`qulacs.QuantumCircuit`
    """
    circuit = QuantumCircuit(n_qubit)
    for d in range(depth):
        for i in range(n_qubit):
            circuit.add_gate(merge(RY(i, theta_list[2*i+2*n_qubit*d]), RZ(i, theta_list[2*i+1+2*n_qubit*d])))
        for i in range(n_qubit//2):
            circuit.add_gate(CZ(2*i, 2*i+1))
        for i in range(n_qubit//2-1):
            circuit.add_gate(CZ(2*i+1, 2*i+2))
    for i in range(n_qubit):
        circuit.add_gate(merge(RY(i, theta_list[2*i+2*n_qubit*depth]), RZ(i, theta_list[2*i+1+2*n_qubit*depth])))

    return circuit

VQE のコスト関数を定義する

5.1 章で説明した通り、VQE はパラメータ付きの量子回路 \(U(\theta)\) から出力される状態 \(|\psi(\theta)\rangle = U(\theta)|0\rangle\) に関するハミルトニアンの期待値

\[\langle H (\theta)\rangle = \langle\psi(\theta)|H|\psi(\theta)\rangle\]

を最小化することで、近似的な基底状態を得る。以下にこのハミルトニアンの期待値を返す関数を定義する。

[6]:
def cost(theta_list):
    state = QuantumState(n_qubit) #|00000> を準備
    circuit = he_ansatz_circuit(n_qubit, depth, theta_list) #量子回路を構成
    circuit.update_quantum_state(state) #量子回路を状態に作用
    return qulacs_hamiltonian.get_expectation_value(state) #ハミルトニアンの期待値を計算

VQE を実行する

準備ができたので、VQE を実行する。最適化には scipy に実装されている BFGS 法を用い、初期パラメータはランダムに選ぶ。数十秒で終わるはずである。

[7]:
cost_history = []
init_theta_list = np.random.random(2*n_qubit*(depth+1))*1e-1
cost_history.append(cost(init_theta_list))
method = "BFGS"
options = {"disp": True, "maxiter": 50, "gtol": 1e-6}
opt = minimize(cost, init_theta_list,
               method=method,
               callback=lambda x: cost_history.append(cost(x)))

実行結果をプロットしてみると、正しい解に収束していることが見て取れる。

[8]:
plt.rcParams["font.size"] = 18
plt.plot(cost_history, color="red", label="VQE")
plt.plot(range(len(cost_history)), [molecule.fci_energy]*len(cost_history), linestyle="dashed", color="black", label="Exact Solution")
plt.xlabel("Iteration")
plt.ylabel("Energy expectation value")
plt.legend()
plt.show()
../_images/notebooks_6.2_qulacs_VQE_15_0.png

興味のある読者は、水素原子間の距離 distance を様々に変えて基底状態を計算し、水素分子が最も安定になる原子間距離を探してみてほしい。(ansatzの性能にもよるが、およそ0.74オングストロームになるはずである)